高知県四万十檜(ひのき・ヒノキ・桧)専門の卸売り販売・通販サイト。四万十の自然素材、無垢フローリング、床材や檜(ひのき・ヒノキ・桧)壁材、羽目板専門販売。

四万十檜(ひのき・ヒノキ・桧)の無垢フローリング・床材、壁材、羽目板の卸売り販売、通販サイト
       
 
 

四万十檜は日本の檜の中で最も油分(ひのきオイル)が豊富で水切れがよく、乾燥に強く耐久性に富んでい

るので、ピーリング材など壁材・床材に最適。また、油成"アルファピネン"、"ボルネオール"が、カビ・雑菌・虫の繁殖を防ぎます。

 

不入山に源を発する四万十川は「日本最後の清流」と呼ばれ、中流部(大正町、十和村、四万十市)では、

山林資源にも恵まれた山々の間を蛇行して流れているため谷や沢が多く、それぞれの環境に応じた野鳥や昆虫が多数生息して います。

 
 

四万十檜を長持ちさせ落ち着いた風合いを手に入れましょう。

 
 

湿気や有害物質を吸着・分解、CO2を削減し空気をきれいにする珪藻土は自然素材の健康住宅に最適です。
ここでは最高品質の珪藻土「スーパーパワーのケイソウくん」をご紹介します。
「スーパーパワーのケイソウくん」は合成樹脂を一切使わず、日本古来より使用されている漆喰の原料である石灰、つまり「自然素材」で珪藻土を硬化させています。

 

「ケイソウくん」は高性能の珪藻土。リサイクル珪藻土研究の中で新たに開発されたアミノ化合物配合のケイソウくんは、数々の実証実験で、かつてないスーパーパワーを発揮することが確認されています。
珪藻土で誰も実現できなかった「ホルムアルデヒドを吸着して分解、そして再放散させない壁・高い湿度調整機能でアトピーの原因となるカビやダニを寄せ付けない壁・万が一火災発生の場合でも有害な煙を発生させない壁」ケイソウくんは、その全てを実現しました。 
*2007年3月1日現在、神奈川県産業技術センターで確認済み

 

ケイソウくんは珪藻土と石灰の2つの自然素材でできています。
藻土の持つ調湿作用と石灰のアルカリはカビ対策に大きな効果をもたらします。
一般にカビ・ダニ等にとって最も生息しにくいといわれるのが相対湿度35%〜60%以内の環境。24時間、温度と湿度を制御できれば、理論的には結露・カビ・ダニの発生は相当少なくできます。ケイソウくんは室内に一般的に見られるカビ菌(黒コウジカビ・アオカビ等)5種類に対して、菌糸の発育が認められません。
エアコン代わりの調湿機能を持ったスーパーパワーのケイソウくんは、カビやダニなどのアレルゲンを予防する壁材です!
*JIS(日本工業規格)Z2911・A6909等に準拠

ケイソウくん塗り壁は、ホルムアルデヒドを吸着・分解し、再放散しない自然素材の壁材。珪藻土の小さな穴からシックハウスの原因であるホルムアルデヒドなどの揮発性有害物質を吸着し、無害な物質に変えてくれます。
ケイソウくん塗り壁に吸着したホルムアルデヒドは「酸素」と結合し「ギ酸」になり、最終的には「水」と「二酸化炭素」に変化。もう一方ではケイソウくんのアルカリで、「ギ酸カルシウム」という無害な物質に変化・中和されます。

ケイソウくんは、アンモニア・硫化水素・アセトアルデヒドなどを効果的に吸着し、再放散しません。
部屋全体を脱臭し、臭いを寄せ付けない効果を持っています。

中で火を燃やす七輪の材料ともなることからわかるように、珪藻土自体は「燃える」ことはありません。
珪藻土を壁材として使用するには、硬化させるために補助材料を加える必要があります。
この補助材料は一般的に施工性をよくするために、樹脂などを加えています。
しかし、この補助材質によっては燃えたり、有毒な煙を発生させる場合があります。
壁材は燃えないだけではなくて、有毒な煙を出さないことも、重要な要素です。

他社製品とその性能を比較した場合24時間後の空気中のCO2値に格段の差が確認されています。
CO2の削減する環境に優しい優れたエコ建材です。

これら5つの機能に加えて、ケイソウくんは遠赤外線、マイナスイオンを放出し、自然効果による健康空間を実現。

 

 

Copyright (c) 2009 (有)下田木材店 All rights reserved.